鉄鍋ができるまで

当社の製品は素材の加工から表面塗装そして出荷まで自社工場で一貫生産を行っております。

多品種少量お任せください!短納期ももちろんお任せください。

それでは揚げ鍋の製造から出荷までをご紹介します。

 

材料-1.jpg

   まだ丸で平らな板の状態です

 

 

 

 

 

 

 

絞り-2.jpg

   プレス加工によってこんな形になります

 

 

 

 

 

 

 

  絞り後-3.jpg 

   鍋の形になりました

 

 

 

 

 

 

絞り→側抜-4.jpg

   次の工程に移ります

 

 

 

 

 

 

 

側抜後-5.jpg

   側の余分な部分をプレス加工で抜きます

 

 

 

 

 

 

 

ツブシ@-6.jpg

   抜いた部分はバリ(鋭利)になっていますので

   機械でその箇所をつぶして滑らかにします

 

 

 

 

 

 

 

口出しA-7.jpg

   油の注ぎ口を付ける工程です

 

 

 

 

 

 

 

口出し@-8.jpg

   注ぎ口ができました

 

 

 

 

 

 

 

穴あけ@-9.jpg

   ハンドルを取り付けるための穴をあける工程です

 

 

 

 

 

 

 

穴あけA-10.jpg

   鍋に穴があけられました

 

 

 

 

 

 

 

目盛り@-11.jpg

   油を入れる時に目安になる目盛りをつける工程

   です

 

 

 

 

 

 

目盛りA-12.jpg

   注ぎ口の下に目盛りが付きました

 

 

 

 

 

 

 

洗浄@-13.jpg

   鍋の本体の加工はほぼ終了

   あとは表面塗装工程に移ります

   これは塗装工程前の洗浄工程です。

   油分を除去します

 

 

 

 

 

 

 

洗浄A-14.jpg

   きれいに洗浄されました

 

 

 

 

 

 

 

ショットA-15.jpg

   塗装前のもう一つの工程

   これはショット加工です。この後の塗装がより鍋に

   密着して塗られるように鍋の肌を小さい鉄の玉を

   打ち付けて荒らします

 

 

 

 

 

 

 

ショット後-16.jpg

   鍋の肌が荒らされて、これで準備OKです

 

 

 

 

 

 

 

塗装前-17.jpg

   塗装されるのを今か今かと待っています

 

 

 

 

 

 

 

塗装@-18.jpg

   今回の塗装は黒色です

   シルバーの鉄の肌が黒色に塗られるのが

   分かります

 

 

 

 

 

 

 

塗装B-19.jpg

   塗装そして乾燥も終わり、続々鍋が流れてきます

 

 

 

 

 

 

 

カラクリ-20.jpg

   そろそろ仕上げです

   ハンドルを取り付ける工程です

 

 

 

 

 

 

 

カラクリ後A-21.jpg

   鍋にハンドルが取り付けられてほぼ完成です

 

 

 

 

 

 

 

包装前-22.jpg

   最後に付属品等を入れて包装工程です

 

 

 

 

 

 

 

包装@-23.jpg

   鍋が化粧箱に収まりました

 

 

 

 

 

 

 

包装A-24.jpg

   化粧箱が外カートンにも収まりました

 

 

 

 

 

 

 

 包装完了-25.jpg 

   出荷準備OK!

   ここから全国に旅立っていきます

   鍋の活躍を祈るばかりです